• Home ドックフードについて

ドックフードについて

ドックフードとは、工業的に生産された犬用のペットフードです。
犬の健康バランスを考え、犬種に適したドックフードも開発されています。
ドックフードは乾燥した固形のものと、真空パック入りのウェットタイプに二分されます。
乾燥したドライタイプのドックフードは容量が多く、単価も安くなっています。
真空パック入りのウェットタイプの餌は、値段も高価だが、ドライタイプのものより種類が豊富です。
ドックフードに対するこだわりが強い人も多く、犬の食事を手作りで行っている人もたまに見られます。
最近では、ドックフード以外にも、犬用のおかしであったり人間も食べられるような種類も増加してきている。
基本的にはドックフードはドライタイプの方が栄養を多量に含んでいるとされています。
ドックフードは幼犬用・成犬用・老犬用など、犬の年齢に合わせたものも売られているため、利用しましょう。食事の時間としては、1日1回~2回が理想的であり、犬の体重・体調に合わせて与えるようにしましょう。小型犬の場合、1日に1回だとスタミナ不足になりやすいため、食事は2回に分けて行うのが最適です。
ペットの食事を手作りする人もいますが、犬に絶対与えてはいけないものは決まっています。
ペットに与えてはいけないのはかなりの種類がありますので、基本はドックフードを与えるようにしましょう。