• Home ペットの歴史とは

ペットの歴史とは

ペットや家畜の歴史は古く、狩猟や駆除のために小型肉食獣は重宝されていました。
特に犬の歴史は長く、主従関係を好む性質であるため古くからペットとして扱われてきました。
石器時代の墓から犬のも骨が花の花粉と共に発見されているため、昔から弔いされていたようです。
欧米でも貴族から市民の間まで、愛玩用・護衛用・狩猟用として飼われてきました。
猫科の動物は、古代エジプトにおいて神格化されていたため、昔から重宝されてきました。
猫は主に高貴な身分にふさわしいとされ、穀物をネズミの害から守るなどの重要な役割を果たしていました。
昔から家畜とペットの境界は曖昧でしたが、飼育する側の地位によっても扱われ方が違っていました。
現代の日本の世帯は、およそ48%の世帯が必ず何かしらのペットを飼っているとされています。
現代の飼育率は昔から変わらず、犬・猫の動物が多く、加えて魚や鳥などの飼育も増加しています。
昔よりもペットに対する扱いは柔らかくなり、現在は主従よりも家族の一員として接する人が多く見られます。
希少性のある動物をコレクションする人や、人体に害のある動物を好んで飼育する人も増加傾向にあります。
ペットを家族として大事にする人と玩具として扱う人の考え方には違いがあり、争いの元となっています。